ロゴ
− 2005.11 ラムサール条約湿地登録 −
− 2007.8.31 尾瀬国立公園 制定 −

□■□■ 更新情報(8.6) ■□■□

■尾瀬速報画像に「晩夏?の尾瀬ヶ原」を追加しました。 (8.6)
■尾瀬速報画像に「夏の尾瀬ヶ原と至仏山」を追加しました。 (7.18)
■尾瀬ぽくぽく日誌に「初夏の尾瀬沼と燧ヶ岳」を追加しました。 (7.10)
■尾瀬ぽくぽく日誌に「初夏の尾瀬ヶ原とアヤメ平」を追加しました。 (6.28)
■尾瀬速報画像に「初夏の尾瀬沼と燧ヶ岳」を追加しました。 (6.25)
■尾瀬速報画像に「初夏の尾瀬ヶ原とアヤメ平」を追加しました。 (6.18)
■尾瀬ぽくぽく日誌に「春の尾瀬縦断&空撮」を追加しました。 (6.13)

□■□■ 尾瀬情報(8.6) ■□■□

■尾瀬ヶ原、尾瀬沼では早くも晩夏の花が見頃です。秋の訪れも早いかも知れません。
 
●湿原部や拠水林では、オゼミズギク、サワギキョウ、イワショウブ、ヒツジグサ、オゼヌマアザミ、マルバダケブキ、チョウジギク、ソバナなど咲いています。
●山間部では、マルバダケブキ、カニコウモリ、オオカニコウモリ、ハンゴンソウ、などが咲いています。
 
★尾瀬沼・沼尻休憩所が再開しました。
★6月16日から大清水〜一ノ瀬のシャトルタクシーが運行中。片道700円です。
★一ノ瀬休憩所は今年は無人の休憩所となります。販売などはないので大清水で準備をお願いします。
★冨士見小屋は2015年限りで閉鎖しました。
★渋沢温泉小屋は2015年の雪害で倒壊し再建の目処がたたないので廃業しました。現在は更地です。
 

●尾瀬総合情報は 尾瀬保護財団のサイト をご覧ください。
 


2018年 尾瀬入山予定表
(天候や花の開花状況により変更になる場合があります。)
4月21〜22日(1泊) 尾瀬ヶ原〜尾瀬沼 【鳩待峠IN/龍宮小屋1泊/大清水OUT】
雪たっぷりとはいきませんでしたが、久しぶりに原と沼の残雪を堪能しました。夜は満天の星空、そしてドローンでの空撮も満喫です。 
5月5〜6日(1泊) 尾瀬ヶ原 【鳩待峠IN/山の鼻テント泊/鳩待峠OUT】
早々に雪が消えた尾瀬ヶ原にこじんまりとした尾瀬ヶ原湖をも見ることが出来ました。空撮も敢行。 
5月26〜27日(1泊) 尾瀬沼・尾瀬ヶ原 【大清水IN/見晴らしテント泊/鳩待峠OUT】
すっかり見頃になった水芭蕉やトガクシショウマを堪能しました。三条の滝の空撮も出来ました。
6月17(日帰り) 尾瀬ヶ原・アヤメ平 【鳩待峠IN/日帰り/鳩待峠OUT】
天気に誘われて急遽日帰りで入りました。レンゲツツジやコバイケイソウが見頃でした。もちろん空撮も。
6月23〜24日(1泊) 尾瀬沼・燧ヶ岳 【大清水IN/尾瀬沼テント泊/大清水OUT】
大江湿原のワタスゲは例年並みより少し多いです。また久しぶりに燧ヶ岳(ミノブチ岳まで)にも登りました。
7月14〜16日(2泊) 至仏山・尾瀬ヶ原 【鳩待峠IN/山ノ鼻テント泊/鳩待峠OUT】
百花繚乱の至仏山でした。尾瀬ヶ原ではキンコウカが見頃。ホタルの乱舞もありました。
8月4〜5日(1泊) 尾瀬ヶ原 【鳩待峠IN/見晴らしテント泊/鳩待峠OUT】
早くも晩夏の花が見頃でした。念願の白虹の空撮も出来ました。
8月12〜13日(1泊) 尾瀬ヶ原 【鳩待峠IN/見晴らしテント泊/鳩待峠OUT】
樹上のランとペルセウス座流星群。
9月8日〜9日(1泊) 尾瀬沼〜尾瀬ヶ原 【大清水IN/龍宮小屋1泊/鳩待峠OUT】
恒例の尾瀬オフ。今年はあの方やあの方も参加?
10月6〜8日(2泊) 尾瀬沼・尾瀬ヶ原 【大清水IN/沼・見晴らし泊/鳩待峠OUT】
沼と原と滝を巡りたい。
11月3日〜4日(1泊?) 尾瀬ヶ原 【鳩待峠/龍宮小屋泊?/鳩待峠OUT】
今年の龍宮小屋ラストは??